1試合丸ごと写真で振り返る三河戦GAME1

こんにちは。

前回好評をいただいたまるごとアップ企画、三河戦バージョン!

Noteで30枚に絞ってやろうかなとか、いろいろやり方は考え中ですが...ひとまず前回と同じやり方で。

大熱戦となったシーホース戦GAME1を振り返ります。

富山戦が奇跡の勝利なら、この試合は知略と執念の勝利。

中でも仕事人・長谷川技の守備が光った一戦でした。

f:id:asamin_bb:20210111181504j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181508j:plain

外から見たアリーナ。公園の通路はすっきりした一本道で気持ちがよかったです。

f:id:asamin_bb:20210111181512j:plain

 

どん!入場したらこの幻想的なライティング、ヒーリングミュージックのようなBGM。

個人的に、野球、サッカーで会場に入ったときに緑の芝生が広がった異空間な雰囲気が好きなのですが、バスケは体育館なのでそうもいかず..と思っていました。

これは異空間へいざなう一つの解なのかもしれぬ。

f:id:asamin_bb:20210111181524j:plain

これ!スポーツシート!めっちゃよかったです。

一回座ると他の席に戻れなくなる危険大!!

 

f:id:asamin_bb:20210111181532j:plain

 

f:id:asamin_bb:20210111181540j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181544j:plain

スーパーガールズが立ち止まってご挨拶、写真も撮らせていただきました...神ファンサ...

全アリーナ導入してほしい...😻

f:id:asamin_bb:20210111181548j:plain

家かい。笑

f:id:asamin_bb:20210111181551j:plain

 

f:id:asamin_bb:20210111181559j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181603j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181606j:plain

先輩大好き祐眞くん。

f:id:asamin_bb:20210111181612j:plain

セクシーJ.f:id:asamin_bb:20210111181616j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181620j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181623j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181627j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181631j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181635j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181639j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181644j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181647j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181652j:plain

 

コートサイドのちびっこも巻き込んだシューティングの一幕。

プロの振る舞いを常に考えている川村さんならではの光景。

f:id:asamin_bb:20210111181703j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181707j:plain

べーーっ。

f:id:asamin_bb:20210111181714j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181719j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181725j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181731j:plain

オーバーアクション。笑

いや、エンタメもそうなんですけど、純粋に死ぬほどシュート入っててすごかった。

f:id:asamin_bb:20210111181736j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181743j:plain

この日はJの復帰戦。

おもてなしライトがきらめく会場にいつものパフォーマンスで復帰、とっても嬉しかったなあ。シーホースの皆さん、本当にありがとうございました!

f:id:asamin_bb:20210111181748j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181755j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181759j:plain

度肝を抜かれたタツヲパフォーマンス。こいつかっこええ。。。。

f:id:asamin_bb:20210111181803j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181808j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181812j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181816j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181819j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181823j:plain

投げキッス・タツヲ。

f:id:asamin_bb:20210111181828j:plain

にっこりアヴィ。元気そうで何よりでした!(2日目は元気すぎたぞコンニャロ)

f:id:asamin_bb:20210111181831j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181837j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181841j:plain

闘志を燃やして、いざ試合へ!!

f:id:asamin_bb:20210111181844j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181848j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181851j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181857j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181901j:plain

この試合の焦点となった、ストップ・ザ・金丸。

ハセさんの背中には、こいつを絶対止めてやるという静かな闘志がみなぎっていた。

f:id:asamin_bb:20210111181908j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181914j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181918j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181922j:plain

J、いざ戻る!!!

f:id:asamin_bb:20210111181926j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181930j:plain

少しでもストレスを与え続ける。その働きが、変態の異名を持つ精密機械さえも狂わせる。

f:id:asamin_bb:20210111181936j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181939j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181943j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181946j:plain

高い!!世界規模のパフォーマンス、この男はどこまで行くのか。

f:id:asamin_bb:20210111181951j:plain

f:id:asamin_bb:20210111181955j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182003j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182009j:plain

このポジショニング。チームの約束事として金丸だけは止めるという意志が徹底されていた。

f:id:asamin_bb:20210111182013j:plain

そこに限らず、ディナイ、バンプといった細かい守備の強度も非常に高かったこの試合。少しずつチームが仕上がってきているのを感じます。

f:id:asamin_bb:20210111182017j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182022j:plain

2ファウルを喫したハセさんに代わって登場したまっすー。

職人の意気が乗り移る。

f:id:asamin_bb:20210111182027j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182031j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182035j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182039j:plain

わずかでも押し出そうという踏ん張り。

キャプテンはいつでも戦っている。

f:id:asamin_bb:20210111182042j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182047j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182052j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182056j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182101j:plain

コーヨーくんのスリー。敵ながら嬉しかったな...!!

f:id:asamin_bb:20210111182106j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182110j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182114j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182117j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182121j:plain

ファウルにはなったけど。よく立ち向かうよねえ、ほんと凄いわ。

f:id:asamin_bb:20210111182124j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182129j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182132j:plain

とんでもない飛び道具が隣にいて大変だろうなと思いつつ、

気になるものがあったら触ってみるとか、練習に混ざるとか、いわゆるマスコットムーブを欠かさないシーホースくんには好感が持てます(何目線)

f:id:asamin_bb:20210111182136j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182140j:plain

実は仲良し。黄色いのとか言ってるけど。

f:id:asamin_bb:20210111182145j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182149j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182152j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182156j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182200j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182204j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182208j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182212j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182217j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182222j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182226j:plain

Attack the basket!!

f:id:asamin_bb:20210111182231j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182236j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182240j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182245j:plain

情熱の一撃!!!

f:id:asamin_bb:20210111182248j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182253j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182258j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182301j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182305j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182309j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182313j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182317j:plain

試合に出ることはできずとも、戦う姿勢が素敵だった。

f:id:asamin_bb:20210111182320j:plain

少々のスクリーン??すぐに追いついてやるさ!!

f:id:asamin_bb:20210111182324j:plain

ポストムーブ、ステップは元から天性の才を誇る選手ですが、少しずつ平面からの仕掛けやボールハンドリングが伸びているのを感じます。とんでもない大物に、なってくれ。

f:id:asamin_bb:20210111182329j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182334j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182338j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182341j:plain

殊勲の長距離砲が舞う。描け、勝利への放物線。

f:id:asamin_bb:20210111182346j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182349j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182354j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182359j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182402j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182406j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182410j:plain

ジョーダン・ヒースここにあり!!復活のアリウープ!!!!

f:id:asamin_bb:20210111182414j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182418j:plain

ミートの時のふわ山さんほんとにすき。

f:id:asamin_bb:20210111182422j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182425j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182429j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182433j:plain

シューターの余韻を残した帰陣、めっちゃ好きなんすよね。

f:id:asamin_bb:20210111182436j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182440j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182444j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182448j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182452j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182456j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182500j:plain

たった一本の成功を、勝負所で引き寄せる。勝負師辻直人の同点シュート。

f:id:asamin_bb:20210111182504j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182507j:plain

この連続オフェンスリバウンドよ。ハードワーク、本当に素晴らしい。

f:id:asamin_bb:20210111182512j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182516j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182521j:plain

篠山・ザ・クラッチマスター。川崎のビラップスが勝利を手繰り寄せる。

 

f:id:asamin_bb:20210111182528j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182533j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182537j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182540j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182543j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182546j:plain

死守!!!

f:id:asamin_bb:20210111182550j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182555j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182559j:plain

アタック!!勝負師が魅せた真骨頂のエンドワン!!!

f:id:asamin_bb:20210111182603j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182608j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182611j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182615j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182619j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182623j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182627j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182630j:plain

想いを乗せたボールは、リングへ一直線に向かう。

f:id:asamin_bb:20210111182635j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182640j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182644j:plain

勝利を確信するその時まで、離すことはなかった。執念。

f:id:asamin_bb:20210111182647j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182651j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182654j:plain

f:id:asamin_bb:20210111182657j:plain

 仕事人が、ようやく表情を緩める。

f:id:asamin_bb:20210111191235j:plain

f:id:asamin_bb:20210111191238j:plain

UN1TE.

ファミリーはいつでもついています。

1試合丸ごと写真で振り返る富山戦GAME1

こんにちは!この記事は

川崎ブレイブサンダース Advent Calendar 2020 - Adventar

 第22日目に寄稿するものです。

21日目ははにわさんの「富山よいとこいちどはおいで|はにわ|note」でした。

富山、本当に楽しかったな。はにわさんの遠征記、試合から食まで、遠征の醍醐味がつまってました!!

 

さて今回は...の前に!今日23日はそう!

大好きな藤井祐眞選手の誕生日!!!おめでとうございます!!!!!!

 

今年も狙って23日をアドベントカレンダーの日にしました。

最高の笑顔を、大舞台で見せつける一年にしてほしいです!!

 

 

f:id:asamin_bb:20201222210949j:plain

 

 

 

改めて、今回の記事へ...

凄まじい粘り勝ちとなった富山戦をまるごと250枚の写真で振り返ろう!という記事です。(元はと言えば京都戦を振り返るつもりだったんですが、いろいろと気持ちの整理がつかず。またの機会にじっくりとやらせていただこうと思います。)

普段ツイッターやインスタに上げるときは、特にお気に入りの写真をチョイスしてアップロードしていますが、何百枚とセレクトしたうちアップするのはほんの一握り。

ぶつ切りではなく、一試合というストーリーを丸ごと見てもらえたら、という願いをかなえるチャレンジをはじめてやってみようと思います!!

 

f:id:asamin_bb:20201222180118j:plain

めちゃくちゃ立派だった富山市総合体育館。マジで一回行ってほしい。テンションめちゃくちゃ上がります。照明死ぬほどきれいです。飯が最高にうまいです。

新幹線の駅からも近いし、2階席でも見やすいタイプの会場だし、遠征デビューにはうってつけかも。

f:id:asamin_bb:20201222180125j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180133j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180138j:plain

仲良し元京都コンビ。僕にとっては、浜口バスケVS川崎 という構図でも楽しみな一戦でした。

40分出すとさすがに疲れてくるとか(当たり前だが)明らかにスタミナ切れした後1機だけ理不尽スリーのストックを残してるとか、まんまマブンガでしたね。いやそれ打つから!入るから!詰めて!とか心の中で叫んでた。

本当に敵に回したくない選手ナンバーワン。

f:id:asamin_bb:20201222180145j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180149j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180156j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180202j:plain

GOWの暗転パフォーマンスは凄い。床の反射がとってもきれいでした。

f:id:asamin_bb:20201222180207j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180214j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180222j:plain

笑顔が一番。

f:id:asamin_bb:20201222180230j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180234j:plain

試合前の集中が好き。

f:id:asamin_bb:20201222180242j:plain

まさかお前、シュートはいらないおまじないじゃないだろうな!

f:id:asamin_bb:20201222180247j:plain

自慢げにまりこさんポシェットを見せつけるグラッキー

f:id:asamin_bb:20201222180255j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180302j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180308j:plain

カッコいいですよね、岡田くん

f:id:asamin_bb:20201222180315j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180320j:plain

くぅーーー!

f:id:asamin_bb:20201222180326j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180332j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180339j:plain

大事な順位争い直接対決。両チームにとって、3年間連勝のない相手に是が非でも一試合目を取りたい。そんな意味合いのある一戦でした。

f:id:asamin_bb:20201222180346j:plain

出陣。気合十分。

f:id:asamin_bb:20201222180352j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180400j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180406j:plain

しかし空回りしたのかいきなり走られる展開。ノリノリ富山はほんとに手が付けられない。でも、不思議と行ける気がしていた。

f:id:asamin_bb:20201222180413j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180419j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180426j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180432j:plain

Look up.この日選手は一瞬たりとも諦めを知らなかった。

f:id:asamin_bb:20201222180439j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180445j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180454j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180500j:plain

前半は思いっきりやられましたね。マブンガ先生はさすがだった。

f:id:asamin_bb:20201222180508j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180514j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180521j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180527j:plain

この勢いで突っ込んでくる相手にファウルしないのは至難の業。

ジュリアン、本当にいい選手だなとしみじみ思っていた。

f:id:asamin_bb:20201222180533j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180539j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180547j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180552j:plain

イケイケな拓殖対決。

f:id:asamin_bb:20201222180559j:plain

ハセさんのいない川崎は、この二人が守る。

f:id:asamin_bb:20201222180608j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180614j:plain

水戸にやられなかった試合が見当たらない。嫌なところで必ずつないでくる素晴らしい選手。

f:id:asamin_bb:20201222180620j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180627j:plain

ド迫力の横綱...

f:id:asamin_bb:20201222180634j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180642j:plain

汗だくになるまで走り回って帰ってくる。藤井祐眞のスタイルが好き。

光る腕が好き。よく前半つないでくれたと思う。

f:id:asamin_bb:20201222180647j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180653j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180701j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180708j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180714j:plain

ONE TEAM.

f:id:asamin_bb:20201222180720j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180728j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180735j:plain

藤井祐眞にかかればすべての外国籍プレーヤーが相棒になる。嬉しかったな、これ見れて。

f:id:asamin_bb:20201222180741j:plain

そんな狭いとこ通らんでもw

f:id:asamin_bb:20201222180749j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180755j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180801j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180808j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180815j:plain

あまり見ない組み合わせ。チームは全員で強くなろうとしている。

f:id:asamin_bb:20201222180820j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180828j:plain

球際!!!この節の辻直人は勝気にあふれていた。

f:id:asamin_bb:20201222180835j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180843j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180849j:plain

対マブンガの守備も必死に頑張ったまっすー。確かに先行された前半ではあったけど、このボディーブローが後半に効いた。

f:id:asamin_bb:20201222180855j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180901j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180907j:plain

今節でも特にお気に入りの一枚。まっすー、ワイルドになりましたよねぇ。

f:id:asamin_bb:20201222180913j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180919j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180924j:plain

辻さんが率先して意見を出すところはあまり印象がなくて、だからこそ勝ちたい思いが消えてないことを確信した。

この試合、不思議と負ける気はしなかった。

f:id:asamin_bb:20201222180930j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180938j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180944j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180948j:plain

f:id:asamin_bb:20201222180954j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181001j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181007j:plain

一瞬でも、見たことないスタッフさんだけどどっかで見おぼえあるな...って思ってすみません。

f:id:asamin_bb:20201222181013j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181019j:plain

大濠つくば。先輩に見えるの右定期。

f:id:asamin_bb:20201222181026j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181033j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181040j:plain

この一連を見たとき、ああ、まっすーは本当に川崎の選手になったんだなと、

いまさらながらに思ったんだよね。

もうお客さんじゃないんだと。

f:id:asamin_bb:20201222181046j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181051j:plain

ふとした瞬間の表情が好き。

f:id:asamin_bb:20201222181057j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181103j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181109j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181114j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181120j:plain

苦しむ王に策を授く。

頼りすぎてもいけないが、キングが輝いてこその川崎。

f:id:asamin_bb:20201222181126j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181131j:plain

眼。好きです。

f:id:asamin_bb:20201222181136j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181142j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181148j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181157j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181203j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181209j:plain

ボクサー竜青。

f:id:asamin_bb:20201222181216j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181222j:plain

クマはこのエアリー感もたまらない。

f:id:asamin_bb:20201222181229j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181237j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181245j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181253j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181301j:plain

ずーっとベンチから鼓舞していた。一試合通して戦い抜いたからこそ、終盤に神様がほほ笑んだ。

f:id:asamin_bb:20201222181307j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181314j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181320j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181325j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181331j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181337j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181344j:plain

宇都に対する守備も頑張っていた。この男はどこまでいくのだろう。

f:id:asamin_bb:20201222181350j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181356j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181402j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181410j:plain

この速攻あたりで、あ、行けるな、という雰囲気は感じていた。

f:id:asamin_bb:20201222181418j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181425j:plain

美しすぎる腕の平行棒。

f:id:asamin_bb:20201222181431j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181437j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181443j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181451j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181457j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181502j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181509j:plain

意地でもファウルもらってやるって、この前へ前への勢いがカッコいいんですよね。

f:id:asamin_bb:20201222181514j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181520j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181526j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181532j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181538j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181547j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181554j:plain

スペシャルユーロステップ。ボンズは本当に素晴らしい選手だ。

生では初めて見て、魅了されてしまった。

f:id:asamin_bb:20201222181602j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181608j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181615j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181622j:plain

ドヤ顔させたら世界一。川崎の勢いをブーストするのは、コートでもベンチでもこの男。だから好き。

f:id:asamin_bb:20201222181627j:plain

シュート前の髪の毛ふわ山さん。めっちゃ好きなんですよねー。

試合の流れを完全に持ってきたシュート。

f:id:asamin_bb:20201222181633j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181639j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181645j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181653j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181701j:plain

もうさ。かっこよすぎません???

f:id:asamin_bb:20201222181707j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181713j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181720j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181726j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181733j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181739j:plain

4Qのシモンズは本当にいい働きをした。

陰の立役者。

f:id:asamin_bb:20201222181745j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181751j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181759j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181806j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181816j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181825j:plain

パブゆうまの前のめり感。情熱の男は惹かれあう。

f:id:asamin_bb:20201222181832j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181840j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181847j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181855j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181902j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181909j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181916j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181924j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181931j:plain

f:id:asamin_bb:20201222181940j:plain

先輩まずいですよ!

f:id:asamin_bb:20201222181947j:plain

パブロの笑顔!!!いい雰囲気でしたね。このままリードを守り切れると思ってた9点差。

f:id:asamin_bb:20201222181954j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182004j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182011j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182017j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182023j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182033j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182039j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182047j:plain

静かな炎を心に燃やして。

f:id:asamin_bb:20201222182051j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182056j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182103j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182110j:plain

完璧すぎるピック。神は細部に宿る。

f:id:asamin_bb:20201222182116j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182123j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182133j:plain


f:id:asamin_bb:20201222182151j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182156j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182204j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182210j:plain

相手のFT,観客席を煽る。勝つために使えるものは何でも使う。執念。

f:id:asamin_bb:20201222182217j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182224j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182231j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182238j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182244j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182253j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182300j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182307j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182314j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182321j:plain

絶不調のニックがチームの危機に登場。キャプテンの送り出し、信頼と発破。

f:id:asamin_bb:20201222182328j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182335j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182343j:plain

3Q途中、一度は封印を決めたニックを戻す。最後はお前に任せた。覚悟の指揮官は本当に強かった。

f:id:asamin_bb:20201222182350j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182358j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182403j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182411j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182417j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182423j:plain

ピントもへったくれもないけど、この8秒を奪取したルーズは絶対残したかった。

執念がなければ、富山に寄り切られていたと思う。

f:id:asamin_bb:20201222182429j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182437j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182442j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182448j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182456j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182504j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182511j:plain

延長。もっと見たい思いはかなってしまった。

なんでも撮るタイプだけど、藤井くんのスリーとニックの同点FTは撮れなかった。

試合の熱気に押し負けるがごとく。

f:id:asamin_bb:20201222182517j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182522j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182528j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182537j:plain

少しも切らさなかった。だから踏ん張れた。

f:id:asamin_bb:20201222182542j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182548j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182554j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182600j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182606j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182615j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182622j:plain

 

f:id:asamin_bb:20201222182629j:plain

その時、奇跡のように一筋の道が開いた。6点差を追いつくクリーンレイアップ。

f:id:asamin_bb:20201222182635j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182641j:plain

2点ビハインド。スリー打つのはみんながわかってた。それでも決める。

それが篠山竜青だから。

f:id:asamin_bb:20201222182648j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182656j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182702j:plain

出し尽くした男の咆哮。

f:id:asamin_bb:20201222182708j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182715j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182722j:plain

この抱擁は本当にぐっと来た。耐えて耐えて、本当に苦しかったんだね。

f:id:asamin_bb:20201222182729j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182737j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182742j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182748j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182755j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182807j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182813j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182820j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182826j:plain

川崎のバロメーターは、この2人の笑顔。

背負うものが笑えるチームは、強い。

f:id:asamin_bb:20201222182832j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182839j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182846j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182852j:plain

f:id:asamin_bb:20201222182859j:plain

死闘。奇跡のような、最高の勝利。

 

...最後まで読んでくださった方、本当にありがとうございました!

 

ジャマール・ソープ~愛すべき移籍王~

こんばんは!この記事は

川崎ブレイブサンダース Advent Calendar 2020 - Adventar 第8日目に寄稿するものです。(遅くなってすみません...)

昨日はAyakoさんの

妹より ライトな遠方在住ファンの想い | AWのブログ 

でした!私も東芝時代からの皆様からすれば相当なライトファンですが、やはりライトファンの方の目線とは変わってきている部分もあり、面白いなーと思いながら読ませていただきました。

 

さて、今回のテーマはズバリ!

ジャマール・ソープ選手です。

f:id:asamin_bb:20201210215659j:plain

今までのブログは割と「イイハナシダナー」風に力の入ったものに(書くうちに)なってたのですが、今回は小ネタ集的に楽しんでいただければ幸いです。(ちょろっとツイッターで読んだ内容も多々あるかと思いますが)

 

JTとの出会い

2020年1月。天皇杯を控えたブレサンファミリーはひそかに悲しみに打ち震えていました。

明るいキャラクター、神出鬼没のスティールでとどろきを沸かせたマティアス・カルファニが、12月の名古屋戦で重傷を負い、19-20シーズンの出場が絶望的な状態に陥ったためです。

リハビリへ帰国したマティ。埋めがたい穴。失ったものへの悲しみ、続くシーズンへの不安を抱えていた2020年1月のサンダースに、一人の救世主が現れました。

kawasaki-bravethunders.com

それこそがジャマール・ソープ。人呼んでJT.

外国籍選手の重要性が高いBリーグにおいて、負傷者が出たときにスポットで外国籍選手と短期契約を結ぶことは珍しくありません。

...しかし、この男の真価は、「あまりにも多くのチームに必要とされてきた」というところにあるのです。

ブレサン加入時点でのJTの経歴(初来日以降)は以下の通り。

リンク栃木ブレックス
レバンガ北海道
Basket Esch(ルクセンブルク)
レバンガ北海道
サンロッカーズ渋谷
岩手ビッグブルズ
大阪エヴェッサ
バンビシャス奈良
アースフレンズ東京Z
東京八王子ビートレインズ
熊本ヴォルターズ

ルクセンブルクという気になりすぎる文字列は置いておいたとしても、

この分量。

なんと川崎が日本で10チーム目の所属です。

よく「所属を順番に言える人などいない」と言われる元NPBホセ・フェルナンデスですら4球団。

NBAを代表するジャーニーマンで川崎にも所属したルー・アマンドソンも14シーズンで10球団の所属。

しかしJTは当時日本6シーズン目にして10球団目というハイペース...

これほど数奇な運命を辿る選手はそういるものではありません。

 

さらに驚くべきは、このあと川崎を対談してから、一年足らずの間にさらに所属チームが3チーム増えていることです()

 勇み足でさも偉業のように書きましたが、

JTにとって1シーズンで3チームに所属することは3年連続3回目でした。

本当にありがとうございました。

というわけで、先ほどの10球団に加え、7シーズンで13ものチームに、しかも序盤の北海道以外はすべてダブりなしで在籍しているJTは、ある意味で「もっともBリーグを知り尽くした男」「Bリーグの功労者」と言えるのではないでしょうか。

 

萌え記録は多々あり、「B2B3入れ替え戦天皇杯決勝を両方経験した唯一の選手」「八王子→熊本→川崎とわずか一年足らずの間に3カテゴリーに所属」

 などなど枚挙にいとまを挙げません。

このさすらいの勇者は短期契約でさっそうと現れ、いつの間にか移籍している、Bリーグみんなのヒーローなのです。

そんなJTの小ネタを3つほど挙げてみます。

◆小ネタ①JTと3度出会った男

これだけ多くのチームを渡り歩いているJTですが、2シーズン以上を共にした選手となると2季在籍した北海道で時間を共にした選手以外ではかなり限られてきます。

 

しかし、なんとその2をさらに上回る3季を共にした選手がいます。

その男こそ我らが熊谷尚也!!

 

昨年の川崎、18-19の大阪...そして最初は14-15のリンク栃木まで遡るのです。

さらに驚くべきは、3回ともJTが短期契約であること。

「はじめまして、クマさん」

「よっ、また会ったな」

「...またかw」

となったかは知りませんが、貴重なJTフリークと言えるのではないでしょうか。

 

◆小ネタ②JTの「経県値

経県値」という概念をご存じでしょうか?

uub.jp

旅行好きの間で愛される、都道府県の経験を数値化する遊びです。

いろんなチームに所属し、遠征しているJTなら結構な値ではないか?

とみてみた結果がこちら。

 

居住の多いこと多いこと。

「群馬では出場してないが帯同しているはず」「広島、茨城にも行ってる」

等アドバイスをいただいた修正版がこちらです。

 岩手時代に東北を制覇していたり、すんでのところで浜松に行けていなかったり...

あ、これはBリーグの公式とバスナビさんを見て手集計したので、追加等あればぜひ教えてください!

JTに、土地のおいしいものとか教えてほしい。多分知ってる。

◆小ネタ③JTの必要とされる所以

 JTは、はっきり言って派手な選手ではありません。スタッツも、目の覚めるようなものではない。

...しかし、川崎時代でいえば、このプレーはJTのすばらしさを凝縮したプレーと言えるのではないでしょうか。

 

加入後わずかな時間で見事なコンビプレー。

わずかな出場時間で確実に仕事をこなす男。

感動的なプレーの多かった昨季の天皇杯でも、特に印象に残っているプレーです。

今季の3チーム目、福岡でも相変わらず加入即スコアリーダーになるなど、そのすさまじい順応性は唯一無二なのです。

 

◆ちょっとしたお願い

...と、小ネタ(データ)的なものをまとめてみましたが、正直これは調べようと思えばみんな調べれるわけです。

せっかくうちのチームに所属してくれた選手のこと、もっともっと知りたいなー、知らない間に去ってしまった....

というJTフレンズの13球団ファンの皆さんは多いのではないでしょうか?

逆に「移籍だけがJTじゃない!こんな素敵な男なんだ!」と声高に主張したいファンの皆様もいるのではないでしょうか。

あいにく、僕が「川崎のJT」を見ることができたのはたったの2試合でした。

かくいう私ももっともっとJTのことを知りたいなーと思っています。

f:id:asamin_bb:20201210221743j:plain

生で見た、数少ない"川崎のソープ"の写真

そこで、JTにまつわるエピソード、マニアックなデータ、素敵なお写真などなど!

JTのことを、ハッシュタグ「#みんなのJT」をつけてツイートしていただけるととてもうれしいです!

13球団、たとえ在籍がわずかな期間だったとしても、心に残るJTがそこにいたはず。

ぜひとも、Bリーグが誇る「みんなのJT」のすばらしさを教えていただけませんか???

 

これだけ多くのチームに所属し、日本のバスケに貢献してくれているJT

その素晴らしさを、ぜひBリーグみんなで語り継いで行けたら幸せです。

 

さて、明日は193さんの「私と川崎を結ぶ100年の赤い糸」

タイトルだけでも、とても楽しみですね!読ませていただくのが、今から待ち遠しいです。

 

 

Never give up

思わぬ形で終わってしまった19-20シーズン。それでも今年の藤井祐眞を忘れたくない。覚えていてほしい。その姿を、ファウルドローン:被ファウルという切り口から振り返ってみました。


f:id:asamin_bb:20200405234437j:image

 

1.その姿は狂戦士のように

突然ですが「バーサーカーソウル」をご存じでしょうか。ざっくり話すと、アニメ「遊戯王」の有名な名(迷?)シーン。主人公の遊戯が絶体絶命の状況から起死回生のカード「狂戦士の魂(バーサーカーソウル)」を引き決着をつける...だけに終わらず。

半ば錯乱状態に陥っていた遊戯は怒りに身を任せ、敵ライフが0になったにも関わらず執拗に攻撃をつづけオーバーキル...という、子供向けアニメの主人公とは思えない姿が有名なシーンです。「何勘違いしてるんだ...まだ俺のバトルフェイズは終了してないぜ!」「ドロー!モンスターカード!」「もうやめて!とっくに羽蛾のライフは0よ!もう勝負はついたのよ!」など名言の宝庫…笑

詳しくは、ここから動画も見れるので興味のある方は←

狂戦士の魂とは (バーサーカーソウルとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

 

....って、なんで遊戯王そんなに年齢詐称疑惑を払しょくしたいのか?←

というのも、とある試合を見ていて、このシーンを思い出していたのです。

2019年4月27日。CS第2戦、栃木ブレックス戦。62-89という数字以上に絶望感のある、トラウマと言ってもいい試合。

www.bleague.jp

まあ本当につらかった。前半の奮闘もむなしく、前日のリプレイかのように崩れていく姿。なすすべもなく繰り返されるターンオーバー。勝っているはずの栃木がなおも激しくルーズボールに飛び込み、守備を強める。フラストレーションがピークに達したニックは4Qを前に退場。疲労の色が隠せない選手たち。

「最後まで!」と声援を送ってはいましたが、正直「もうやめて!とっくに川崎のライフはゼロよ」状態なのは火を見るより明らかでした。

 

でも、そんな中で「もうやめて」と思ったのは、ブレックスに対してではありません。

 

自分の大好きな藤井祐眞に対してでした。

 

この試合の4Q、藤井くんはとにかくリングに向かっていきました。徹底的に。わき目も振らず。この試合の被ファウル8つのうち実に6つが4Q、8本のFTを生み出し...最後の最後、刀折れ矢尽き、得意のFTを2本外し交代するまで、突撃を繰り返しました。もうとっくに勝負はついているのに、体力の限界は訪れているのに、ボロボロになるまで突っ込んでいく姿。他の選手を悪く言うわけではないけれど、ただ藤井くん1人だけが意地になっているように見えるシーンもあって、、、


f:id:asamin_bb:20200405234618j:image

そのひたすらにその瞬間に執着する姿を誇らしく思う一方で、狂戦士のような何かを感じて。もうライフはゼロだ、無理しなくていい、怪我だけはしないでくれと、そう思わずにはいられませんでした。

 だからこそ。今度は藤井くん一人が突っ込んでるなんて思わせない、そんなチームの中心になってほしい。周りの選手を動かせるまでに、その執着を伝播させてほしい。そう思ったのです。

2.Never Give Upのカタチ

 そして迎えた今シーズン。目覚ましいブレイブサンダースの快進撃の中心に、藤井祐眞がいました。今年の藤井くんを語る上で欠かせないのが、被ファウル数。目で見た姿の前に、少し数字を見てみましょう。以下、バスナビDB様のデータを引用しています。

このカタカナが並ぶ中で燦然と輝く藤井祐眞の4文字。唯一の純粋なガード。ペイントエリアにダバンテ・ガードナーのような2mオーバーの重戦車が突っ込んでくるならいざ知らず、178cmの藤井くんがこれだけのファウルを引き出すというのはとんでもない離れ業ではないでしょうか。同じチームの大黒柱、ニックの156を上回ることも大きな衝撃です。

更に驚くべきことに、実はこの数字、昨季より3分ほどプレイタイムを減らしたうえで叩き出しています。一試合平均にして被ファウルは3.3→4.4、FT試投数は2.2→4.0、PTは26.1→23.1。おまけにFTの確率は昨季以上。突っ込んでくるから止められない、かといってファウルしてもFTを決めてくる、これほど厄介な選手はなかなかいないでしょう。

stats.basketballnavi.com

そんな数字を象徴するかのような試合が、10月20日千葉ジェッツ戦、マイナビの企画でブースターが選ぶベストゲームにも選ばれた21点差大逆転の試合でしょう。

www.bleague.jp

この試合の被ファウル10、FT16/17という数字の化け物っぷり。あと1本FTを決めていればBリーグ記録に並ぶほどの大活躍でした。じわり、じわりと点差を詰めるには時間が止まり確率の高いFTが非常に効果的。やけっぱちで打ったスリーポイントが決まるよりも、相手にとってはよっぽど嫌なこと...それを忠実にやってのけた姿は最高にかっこよくて。

 

この試合を見ながら、僕は反省しました。

あの栃木戦の姿は、狂戦士などではなかったと。ただひたすらに勝つために必要なことを諦めずに遂行する。理詰めで、しかし本能のままに勝負に執着するその形が、ガムシャラなアタックなのだとあらためて思い知りました。

ライフはゼロ?誰の目にも勝負はついた?何勘違いしてるんだ。少なくとも、藤井祐眞は僅かな可能性を信じて勝負を諦めていなかった。

今年から選手一人一人についた二つ名、藤井くんはNever give up. 

それは今に始まったことではない、ずっと貫いてきた姿勢。

ようやくそれが結実した、その結果が数字にも表れているのだと思います。

 

そして、もう一つ嬉しいことは、この姿はチームにも確実に影響を及ぼしていること。

まさにこの千葉戦、思い出されるシーンは青木ヤスくんの連続バスケットカウントではないでしょうか。ガムシャラに食らいつく姿勢が後輩にも伝わり、強豪千葉をも飲み込んだ。一人だけの力ではない、チームに想いが伝わって、大きな成果が生まれた。画面越しではあったけれど、応援していて本当によかった、嬉しくてたまらない試合でした。

更には、天皇杯。宇都宮戦、渋谷戦と藤井くんを欠いた試合...でも、不思議と喪失感を感じずに応援することが出来ました。それはきっと、諦めずガムシャラに戦う姿がチーム全体に乗り移っていたからだと思っています。多くの選手を欠いてなお、最後の最後まで可能性を信じて戦い抜くことが出来るチームになってくれたことが本当に嬉しかった....

だからこそ、今年のチームに優勝してほしかった。もっといえば、リーグ最高勝率を残して、MVPを取って欲しかった、それだけが心残りで、今シーズンがこんな形で終わってしまったことは本当に残念です。

でもきっと大丈夫。シーズンが始まったなら。同じようにあきらめない姿を、チームで突っ走る姿を見せてくれるはず。心配はいらないでしょう。きっと今度こそ、優勝できるはず。

先の見えない日々ではありますが、くじけそうなときは、「まだバトルフェイズは終了してないぜ!」の精神で。 Never Give Upで、また思いっきり応援できる日を楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

とどろき帰省

こんにちは。あさみん(https://twitter.com/asamin_sport)です。

このブログは 川崎ブレイブサンダース Advent Calendar 2019 - Adventar23日目の記事として投稿します。

昨日の記事はNatsukoさんの「川崎ブレイブサンダースのアカデミー」でした!

kawasakisodachi.net

トップクラスの選手は18歳,19歳からどんどんBでプレーして海外へ羽ばたいてほしい、なんて思っていますが、その鍵は間違いなくユースにあるはず!未来のブレサン戦士、そしていつかはブレサン卒・NBAプレイヤーなんて出てきてくれたら嬉しいですね。

 

さて、アイラブサンダースと名乗りながら長らくはんニャリンがトップを飾ってきた当ブログ、実に11か月ぶりの更新です...笑

 

0.本日は...

早速本題...の前に、本日は藤井祐眞選手のお誕生日です!!!

お誕生日おめでとうございます!!

ほんとにほんとに大好きな藤井くん、僕が川崎を好きになった大きな理由。今年こそBの頂点を取って欲しい!怪我無く、最高のシーズンを送ってほしいですね!!

 

f:id:asamin_bb:20191223025826j:plain

1.「帰省」

さて、今回の記事にうつります。

年末年始、そろそろ帰省の時期が近づいてきました。
地元を訪れる度、「帰ってきたな」って思う瞬間が誰しもあるのではないでしょうか?

小倉につく直前、チャチャタウンの観覧車を見て「よし、降りる準備」と思うときが第一の瞬間で。

自宅まで帰る途中、いつもの道を通るとき。

実家に帰りついて家族と過ごしたりするとき。

ともに学生生活を送った友達と飲みに行くとき。

思い出の風景に触れたり、仲間や家族と大切な時間を過ごしたり。
「帰る場所」だからこそ味わえる感覚が帰省のさなかにあると思います。

 

一方で、川崎。

僕にとって川崎は出身地でもなければ住んだこともない土地です。
帰ってきたと思える風景...でどれだけの方に伝わったでしょうか、僕は福岡県出身。
(はんニャリンの心のふるさとくらい知られていない設定でしょう←)

ブレイブサンダースを好きになったのもちょっとしたきっかけからで。
乱暴な言い方をすれば、武蔵小杉も川崎も「縁のない街」です。

関東に住んでいた時も、片道一時間半かけてとどろきへ通っていました。
似たような「川崎市に住んでない」ブレサンファミリーは、意外とたくさんいるみたいですね。

そんなファミリーにとって、心の支えになってきたのが竜青さんの「あの記事」ではないでしょうか。

 

清水久嗣のB.LEAGUEレポート!Bリーグ初代王者へ!チームを支え、引っ張るキャプテン・川崎ブレイブサンダース篠山竜青選手その② | ニッポン放送 ラジオAM1242+FM93  

川崎市に住んでいなくてもブレイブサンダースを通じて来てくれた人は、僕らの中では“川崎市民”だと思っています。

 

 この言葉、そりゃあもう嬉しくて。
よっしゃ、自分も川崎市民だ!って。
そう思いながら、2シーズンとどろきへ足しげく通い詰めました。

 

...でもね。やっぱり時々さみしいと思うこともありました。

区民招待の列を横目に見るとき。

ラゾーナで選手を見かけた、なんて話を聞くとき。

「明日ロウルが川崎市のイベントに出演します」なんて言われても、すぐには行けないとき。

 

ずっと川崎に住んでて、自分の街にサンダースがあって。そんな人がうらやましいと思ったことがないと言えば、嘘になる。

ましてや今年から自分は滋賀県に住むことになり、とどろきへ行くのはもはや「遠征」の距離に。とどろきが遠い存在にならないか、今まで通り川崎を好きでいられるか。

ちょっぴり不安に感じながら、日々を過ごしつつ、今季初とどろきのタイミングを待ち望んでいました。

2.久しぶりのとどろき

12月7日、ついに川崎へ!

 

いつものように、東急線で武蔵小杉へ。

 最初に「帰ってきたな」って思えたのは、多摩川を渡る瞬間、車窓を眺めていたとき。無意識に降りる準備を始める自分に気づきました。

そういえば、「橋を見たら降りる準備」なんて目安にしていたっけ。
見知らぬ土地の車窓は、いつの間にか地元に帰るときと同じように、「帰ってきた」目印になっていて。

 

いざ武蔵小杉に到着してからだって。
東急スクエアをうろつけば、「サンダースクリスマスでサンタ帽探し回ったな~、結局ヨーカドーのダイソーで買ったっけ」とか。
「このエレベーターでロウル待ち伏せしたなぁ」とか。
駅前のエクセルシオールを見て「初めて彼女と大喧嘩したの、ここだったな、、、」とか。

裏道を見つけながら最短経路を探ったとどろきまでの道、

負け試合のあとふらふらと入ったラーメン屋、
最後にとどろきに行ったときに「これからも来れますように」ってお願いした小杉神社。

f:id:asamin_bb:20191223023912j:plain

 

「縁のない場所」だった川崎は、大好きなブレサンを通じて思い出がたくさん詰まった故郷のような「帰ってくる場所」になっていたことに気がつきました。
その一つ一つに触れるたびに、ほっとするような、帰ってきた喜びを感じたのです。

 

そして、いよいよとどろきに到着。美しい紅葉が出迎えてくれて。

f:id:asamin_bb:20191223024337j:plain

出迎えはさらに....愛するロウルが飛び出してきました!


僕はペットを飼ったことがないけど、実家に帰って犬が飛びついてくるときってこんな感覚なのかなぁと思いました←

そしてその周りに、ただならぬ熱量でロウルを追いかけていたファミリー...
話してみれば、やっぱりいつもRTさせてもらってる筋金入りのロウリストたちでした笑
実ははじめましての方がほとんどでしたが、同じくロウルを全力で追いかける皆さんはもう何度もお会いしたように出迎えてくれて。

...そう。思い出と、もう一つ帰る場所に絶対に欠かせないもの。

ホームには、大切なファミリーがいる。

正直、自分は人見知りだし、なかなか自分から飛び込んでいくのが得意なタイプではなくて。それでも色んな方に温かく迎えてもらって、楽しい時間を過ごせていること、本当に感謝しています。(今回ご挨拶できなかった方、すみません!またの機会に!)

それ以外にも、他のチームのブースターさんや遠くからお越しになった方、ずっとお会いしたかった方ともご挨拶出来て。

その瞬間とどろきにいて、同じように試合を見て熱狂して、同じように楽しい時間を共有できる。その間はきっと、敵味方問わず「川崎市民」なのかなって感じました。

そしてもちろん、試合はとっても熱く!はらはらドキドキな内容ではありましたが、見事に勝利!!!島根、大阪と川崎の試合は今年も見てきたけど、やっぱり今季一番応援にも力が入りました!ホームゆえ、選手もいつも以上に爆発していたように思えます。

熱量たっぷりに、大好きなチームを応援できる場所。ファミリーとともに、熱狂できる場所。そうでありながら、あざとくかわいいロウルを筆頭にどこかほっとするような存在がいる場所でもあって。本当に、幸せな時間を過ごすことが出来ました。

試合後も、いつもお世話になってる皆さんととっても楽しく祝杯をあげることが出来ましたし(本当にありがとうございます!)

翌日の試合はロウル・パーティー!二日間めいっぱい、とどろきを楽しむことが出来ました。

 

思い出が詰まった場所を訪れて、大切な「家族」がそこにいて、熱狂の中にもどこかほっとするような時間を過ごすことが出来て。

紛れもなく、僕の川崎遠征は「帰省」になっていました。そして、これからも試合の度にホームアリーナの思い出は積み重なっていきます。

これからももっともっと、川崎は大切な場所になっていく。そう思えるのです。

3.「川崎市民」になるということ

川崎市に住んでいなくてもブレイブサンダースを通じて来てくれた人は、僕らの中では“川崎市民”だと思っています。」

分かったようでいて、どこかつかみ切れていなかったこの言葉。

僕は僕なりの意味を見つけることが出来ました。

訪れるたびに思い出が積み重なっていく。大切な仲間が出来る。見知らぬ土地が、ブレイブサンダースを通じて大切な場所になっていく。

これこそが、「ブレイブサンダースを通じてきてくれた人」が「川崎市民」になるってことなのだと思います。回数が多くなくたっていい。他のチームのブースターだっていい。何らかの理由でブレイブサンダースを通じて川崎に来た人、その人それぞれに、ホームアリーナの形があり、「川崎市民」としての姿があるのではないでしょうか。

 

しばらくは関西に住む予定なので、とどろきに行くのは「遠征」の距離のまま。ひょっとしたらこれから先、もっと遠くに住むかもしれない。あるいは、川崎市に住むかもしれない。ライフスタイルが変わって、行ける頻度が減るかもしれない。とどろきアリーナからホームアリーナを移転する、なんて話題もありますね。

 

だけど、もう不安には思いません。

これからも、大好きなブレイブサンダースを通じて思い出を積み重ねる場所がある。ファミリーがいる。その限り、「どこに行ってもブレサンファミリー」で、「川崎市民」でいられるはずです。

これからもブレイブサンダースとともに。川崎とともに。いろんな思い出を作っていければと思っています!

 

さて、明日はうにたん #川崎ファイト さんの「応援して20年」です。

タイトルからしてただならぬ雰囲気...!楽しみですね!

 

 

はんニャリンにありがとうを伝えてきた

あさみんと申します。Twitterを通じてお会いした方に「学生さんだったんですか?」と驚かれる率がニック・ファジーカスのフリースロー成功率並みに高いことに定評がありますが、大学生です。ブログタイトルの通り、川崎ブレイブサンダースを熱く応援しています。

が、今回は僕の大好きなマスコット・京都ハンナリーズ#55「はんニャリン」に会うために京都へ行ってきた!レポ記事を書きたいと思います。

目下埼玉へ向けて「ニャリンコ」で移動中であり、話題の的となっているはんニャリン。

 思えば彼との出会いはちょうど1年前の天皇杯広大なSSAをひたすらに駆け回るという健気な姿を見てひとめぼれしたことがきっかけ。

f:id:asamin_bb:20190111185731j:plain

目の前に来てくれたニャリン

あれから1年、どうして僕が縁もゆかりもなかった京都に足を運ぶまでになったのか。実際に会ったはんニャリンのとった行動とは。少し長くなりますが、読んでいただければ嬉しいです。

1.はんニャリンは、心の支え。

少し時計の針を戻して、昨年の1月。完全に私事ですが、実は僕にとって就活真っただ中という時期でした。

絶対に遅刻できないという緊張感のもと朝起きて満員電車に揺られ、役に立つかもわからないセミナーで分かったような顔をして話を聞き、夜は歯の浮くような内容のエントリーシートを書いて寝る。

今にして振り返ればそんなこともあったな、と流すことができるけれど、憂鬱な気分で起きる朝も少なくありませんでした。

 

そんな毎日に入り込んできたのが「おはニャリン」です。

 

 

天皇杯が終わり、はんニャリン情報を仕入れたくてフォローしたハンナリーズツイッターアカウント。そこには毎朝挨拶をしてくれるかわいいイケ猫がいました。

 リツイートしないとすねちゃったり。

かと思いきやツンデレ作戦なんて言ってきたり。そんなことされたらリツイートしないわけにいかないじゃん!と毎日リツイートすることを誓った日。

ひらがなカタカナ交じりの独特の文体も気になったり。

「おはニャリン」を見てリツイートして1日をスタートする。それがいつの間にか僕のルーティンになっていました。

憂鬱だった僕の毎朝は、はんニャリンを楽しみに起きて、笑顔になる時間に変わっていました。

そればかりか、「ニャリン川崎は書けるかな?」「川さきじゃない?」「今日のおはニャリンめっちゃ可愛かったから見て!」なんて、観戦仲間との毎日の話題にまで躍り出る始末。ニャリンはもはや生活の中に入り込んでいたと言っても過言ではありません。

こうなったらもうはんニャリンのペース。オープニングパフォーマンス見たさに、時間があればハンナリーズ戦を見るのも習慣になり、そこで繰り返される激戦を見るうちにハンナリーズも川崎に次ぐ推しチームに。

はんニャリンの使命「ハンナリーズのせんでんかつどん」は完全に成し遂げられてしまいました。(ニャリンは宣伝活動をこう呼ぶのです)

遠く京都の地から僕の生活に入り込んできて、笑顔をもたらしてくれたイケ猫。彼は確実に、僕の心の支えの一つでした。

だから、僕は彼に直接「ありがとう」を伝えたいと強く思うようになったのです。

 

2.生で会ったはんニャリンの神対応

どうしてもはんニャリンにありがとうを伝えたい。そうは言っても関東在住の自分が京都まで軽々足を運ぶのは難しく、2月の川崎戦で...と思っていました。が、どうしても会いたい。そこで、僕の地元チームでもある福岡戦がある12月26日に照準を合わせ弾丸遠征をしてきました。

ハンアリに到着すると、いたるところにちりばめられたはんニャリンに狂喜乱舞...!

 

f:id:asamin_bb:20190111212439j:plain

ほんとにこんな感じで歩き回ってる

でも、やっぱり会いたいのはもちろん本猫!撮影会会場の大西京扇堂パネル前で今か今かと待っていると...

f:id:asamin_bb:20190111185810j:plain

キター!!!!!!

 夢にまで見たイケ猫ととうとう会うことができました。

そして、最高に幸せなハグタイム。手紙とかお土産とか色々考えたのですが、一番確実に目の前にいるはんニャリンに伝えられるのは、やっぱり言葉。

「いつもありがとう。これからもずっと応援してるよ!!」

たったこれだけ、それでも伝えることができて本当に良かったです。はんニャリンも、とっても嬉しそうにしてくれました。

さらには、事前に京都ブースターさんに伺って急いで調達したペンを渡し...

 

f:id:asamin_bb:20190111185952j:plain

サインをもらうことができました!!そればかりか

 

f:id:asamin_bb:20190111190018j:plain

ラクガキ!

「こっちにサインしてあげるニャリン」と手に落書きをしてくるはんニャリン。噂に違わぬイタズラ猫め...本当に手を洗いたくない気持ちでいっぱいでした←おい

 

そんなこんなで、やってくる多くのちびっ子を見届けながらひたすらニャリンの写真を撮り、ニャリンの帰り際にもう一度ハイタッチ。ここまででもう幸せすぎました。

自席に戻ってからも、遠くからはんニャリンを見つめ続け、ひたすらシャッターを切り続ける幸せな時間。

 

f:id:asamin_bb:20190111190156j:plain

スタッフさんに圧をかける



f:id:asamin_bb:20190111190318j:plain

選手にもちょっかい(これは珍しいそうですが)

 

f:id:asamin_bb:20190111205337j:plain

もちろんパフォーマンスでも大活躍

f:id:asamin_bb:20190111211353j:plain

はんなりんとも仲良し

f:id:asamin_bb:20190111210920j:plain

バックヤードもルンルン歩く。プロ。

会場中を駆け回り、いついかなる時も楽しそうに過ごすニャリンを遠目で見つめつつ、ハンナリーズライジングゼファーの試合を見る。それはとっても幸せな時間でした。

ただ、願わくばもう一度、この狭いゴール裏席にも来てくれまいかと思っていると...

 

f:id:asamin_bb:20190111210148j:plain

キター!!!!!!!!

4Q勝負所、とうとうニャリンが近くにやってきました。

 

f:id:asamin_bb:20190111210135j:plain

かわいい。

そしてニャリン、まさかの階段を上りこっちに近づいてきて.. 

f:id:asamin_bb:20190111205702j:plain

狭い階段を登るニャリン

なんと僕の後ろの席に陣取ってきたのです!!ニャリンはしきりにこっちに何かをアピールしてくる。どうやら僕のカバンからひょっこり顔を出していた子はんニャリン(ぬいぐるみ)が気になるようなので、渡してみると...

「ほら、僕を撮るニャリン😽」

と言わんばかりにポーズを取ってくれるではありませんか!!実は試合を撮っていた関係で望遠レンズから(はんニャリンを撮るために買った)標準レンズに交換する必要があったのですが、ニャリンはちゃんと待ってくれました。

 

f:id:asamin_bb:20190111205037j:plain

愛くるしさのかたまり

子はんニャリンを大事そうに抱えるはんニャリン。僕だけのためにポーズをとって、写真を撮らせてくれたのです。もう、この素晴らしさたるや!!

が...驚いたのは。「はんニャリンありがとね!!」を伝えた次の瞬間。

はんニャリンがしきりに僕の手をツンツンしてきます。そう、僕の手。

 

f:id:asamin_bb:20190111190018j:plain

なんとニャリンは、僕を「手にサインをしたあの男」とわかってくれていたのです...!!

 「ぼくのことが好きなのはバレバレニャリン😸またこのイケ猫に会いに来るニャリン😺」

と言わんばかりに僕の手に書いたラクガキを指さして帰っていったニャリン。

大好きだぞコノヤロー!!!!!!!

生であったはんニャリンは、やっぱりこの上なくイケ猫でした。試合に負けてしまったのは残念でしたが、そんな時こそ楽しい思い出を作るのがマスコットの仕事の一つ。ニャリンは最高の仕事をしてくれたな、そんなことを思いながら、夢見ごこちでホテルへ帰りました。

僕の毎日に笑顔をもたらしてくれたこと。

本当にかわいい姿で出迎えてくれたこと。

幸せな気分で帰路につかせてくれたこと。

ハンナリーズというチームを教えてくれたこと。

また応援したいと思わせてくれたこと。

またハンナリーズアリーナへ足を運びたいと思わせてくれたこと。

そのすべてに、ありがとうをもう一度伝えたいです。

3.感謝とせんでんかつどんコーナー

まず、この場を借りて。

はんニャリンがいつどこに出没する、サインをくれる!などなど細かな情報を惜しげもなく教えてくださった京都ブースターの方々。いつもはんニャリンの画像や動画をアップしてくださる方々。改めて、いつもありがとうございます。

素晴らしい体験をできたのも、皆様のおかげです。もっともこのご縁をつないでくれたのもまた、あのイケ猫なのですが。

そしてせんでんかつどんコーナー。

ぜひ、はんニャリンに会ってみてください!!

もちろんハンアリに行くのが一番ですが、冒頭にも触れた千載一遇の大イベント。この記事を書いているのが1月11日、翌日の天皇杯準決勝の場にはんニャリンがやってきます!!

 遠方はんニャリンファンの目線から行くと、ニャリンが関東にやってくるのはほぼ1年に1度の大チャンス!!

逃す手はありません。明日が暇だというバスケットファンの方々。僕の発信が多く届くであろう、土日の予定を失ったブレサンファミリーの方々。

まだ間に合います!!ぜひ、ニャリンに1度会ってみてはいかがでしょうか。生ニャリンに会ってみれば、きっとその魅力に取りつかれるはずです!!

もちろん、この記事を天皇杯の後から見た方は、ぜひハンアリへ行ってはんニャリンと楽しい時間を過ごしてほしいです。(1回しか行ってない僕が言うのもあれなんですが)

最近ははんニャリン目当てのお客さんのレポをちらほらみますが、みなさんとても楽しんでいらっしゃるようです。はんニャリンはすべてのお客さんに笑顔をもたらしてくれるはずです。

f:id:asamin_bb:20190111210916j:plain

みんな、ぼくに会いにくるニャリン

 

気がついたら生活の中にイケ猫がいた。京都へ足を運んでいた。笑顔になっていた。そんな素敵な経験をする方が、1人でも増えたら嬉しいです。

 

 

写真は二度生まれる

f:id:asamin_bb:20181212030543j:plain


あさみん(
あさみん.sp (@asamin_sport) | Twitter)と申します。

この記事は川崎ブレイブサンダース川崎ブレイブサンダース Advent Calender 2018の第12日目に寄稿するものです。昨日はkoukou_555さんの

ブレサン沼。。。。 - Koukouの日記でした!
一度離れた昔からのファンも、また帰ってこられる。そして抜け出せなくなる沼、ブレサン!とっても素敵なチームですよね。

私はBリーグファイナルで初観戦、それからあれよあれよという間にブレサン沼にはまり込んだ比較的新しいファンなのですが、それと同じく沼に入り込んでいるのが写真の世界...笑

昨年のちょうどこの時期に写真を撮り始めてから1年。色々なことを考え、伝えたいと思うことも出てきたので、記事を書いてみます。

伝えたいことは3つ!

  1. 写真とっても楽しいです!
  2. そんな楽しみがあるのは、みなさんのおかげです!
  3. 興味があるそこのあなた!とっても楽しいので、撮ってみませんか?

そんなことをお伝えできればなーと思いつつ、寄稿します!

0.僕が写真を撮るきっかけ

僕が写真を撮り始めるきっかけは、ちょうど一年前。

昨年のブレサンアドベントカレンダーでした。

いつも素敵な写真を撮っている、Sakさんの 私が写真を撮る理由 という記事。正直、僕の言いたいことは全てここに詰まっているので先にそっちを読んでください!というくらいです。

「その日、その場所にいた、その人にしか撮れない写真がある」

 この一言に心を動かされて、僕はバスケの写真を撮り始めました。それまでも旅行中の風景やプロ野球を撮るためにコンパクトカメラを持っていて、写真を撮るのは好きだったのですが、どうしてもバスケは難しくて。それでも、自分にしか見えない景色があるのなら、自分にしか伝えられない思いがあるのならと、カメラを持ってアリーナへ向かい、意識的にアップしはじめたころの写真がこれです。 

 こんな素敵なニックと大島さんの様子をベストポジションから見ることが出来た喜び、収めることが出来た喜び、それを伝えられることがこんなに楽しいことだなんて。

それを知ってからというもの、へたっぴなりに設定の勉強したり、夏には一眼を買ってみたり、沼へとはまっていく楽しい日々です。

 そうして1年を過ごした今、なぜ写真を撮るかといえば

「楽しいから!」

これに尽きます。その楽しさには色んな思いが詰まっていて、それを「写真の二つの生」に区切って写真を撮る意味を考えることが出来るんじゃないかな、そんなことを考えています。

 1.「第一の生」自分の中で意味を持つこと

さて、写真が第一の誕生を迎える瞬間。

それは、シャッターを切った後、カメラの画面で最初に写真を見る瞬間だと思っています。

言い換えれば、自分の中でだけの意味を持つ瞬間です。

 

「カッコいい!!」「撮りたい!!」と思った瞬間に無我夢中で撮った選手の姿が、ばっちり残っている。この瞬間の嬉しさったらありません!!本当にニヤニヤが止まりません。

 プレーの興奮冷めやらぬなかで自分のカメラの中にこんなカッコいい選手の姿が残っている、その素晴らしさからは、もう逃れられません。

ただ、楽しいのはこの瞬間だけじゃなくて。

帰りの電車の中、このプレーかっこよかったなー!ってニヤニヤ回想しながらスマホに写真を送り込む瞬間は、さながら収穫祭のよう。

PCに写真を取り込んで、お気に入りを選別し終えれば自分だけの写真展!ニヤニヤが止まりません。

ヘッダーやアイコン、ロック画面をどれにしようか迷ったり。

お気に入りの写真は印刷してみたり、フォトブックにしたり。

形を変え、自分に喜びを与えてくれること。後から振り返れば、様々な変化に気づきつつ、当時の楽しさを思い出させてくれること。

SNS全盛の時代ではありますが、自分でひとりでももうおなかいっぱいなくらい、写真を撮るのはとっても楽しいのです。

それじゃあ、なぜ撮った写真をアップしているのか。その理由が、写真の第二の生にあると思っています。

2.「第二の生」誰かの中で意味を持つこと

写真が初めて生まれる瞬間が、自分の中で意味を持つことだとしたら。

他の誰かが写真を見て、その人の中で写真が新しい意味を持ってくれる瞬間。

その時に写真はもう一度生まれる、第二の生を迎えると思っています。

ありがたいことに、写真をアップすると

「祐眞くん、かっこいいですよね!」

「リンくんに鼻血ブーです!」

「(竜青さんのジャージの)ファスナーになりたい」←

などなど、反響をいただくことがあります。

共感の声をもらうことも多いけれど、そのどれもが自分の感性と完全に一致することはないと思っていて。

他にも、

今まで興味が薄かった選手の魅力を新たに見つけてもらえたり。

開場してすぐの時間からずっと努力している選手の姿を知ってもらえたり。

落ち込んでいるときに、元気を出すきっかけになったり。

最近だと、オールスターのインスタ投票でほかの人に使ってもらって、藤井くんを応援する声を届ける助けになったり。

「その日、その場所にいた、その人にしか撮れない写真がある」

それと同じように、

 

「その日、その人にしか受け取れない写真の意味がある」

 

そうも感じるのです。そんな時、自分が楽しむだけでは生まれなかった写真の意味が。自分が楽しむだけでは伝えられなかった、大好きなサンダースの選手たちの素晴らしさが。色んな人の中で新しく育っていく、そのきっかけになる力を、写真は持っていると思うのです。

だからこそ、写真をアップする時にはとびきりの愛情とこだわりを持って、アップしています。

 

素敵だ!カッコいい!その感性を大事にすること。

もし選手が見たら、喜んでもらえるような切り取り方をすること。

とびきり大好きな一枚をギリギリまで選び抜くこと。

そして、自分だけが得たであろう思いを添えて、誠心誠意伝えること。

 

こうやってお嫁に出すような思いでアップした写真が、受け取った人の中で意味を持ってくれたら。それはとっても嬉しいことなのです。

3.三つの伝えたいこと

さて、もう一回お伝えしたいことを。

  1. 写真とっても楽しいです!
  2. そんな楽しみがあるのは、みなさんのおかげです!
  3. 興味があるそこのあなた!とっても楽しいので、撮ってみませんか?

まず、写真、本当に楽しいです!応援しながらで撮れるのかな、なんて不安に思っていたこともあるし、実際にしばらく慣れるまでは大変でした。でも、写真を撮っているからこそ、1プレー1プレーの中身がより印象に残ったり。俯瞰で見ることの楽しさを再確認したり。今までは見ていなかった、ベンチでの何気ない選手の振る舞いが気になるようになったり。

バスケットの、サンダースの素晴らしさをより深く感じられるようになった気がします。

 

次に、みなさまへの感謝。

まず第一に、カッコいい姿を見せてくれる、大好きな選手たち。

写真を撮ること、アップすることを認めて環境を整えてくださる、ブレイブサンダースとBリーグ

そして、とどろきでカメラを構えつつ大声でわーきゃー叫ぶ変人を受け入れつつ、

アップした写真を見て第二の生を与えてくださるサンダースファミリーのみなさま。

そのどれが欠けても、こんなに楽しい日々を送ることは出来なかったと思います。

ずっとずっとお伝えしたかったありがとうを、この場をお借りしてお伝えしたいです。

これからも趣味の範囲、へたっぴの素人なりに、かっこいい姿を残していけたら。皆さんなりに受け取ってもらえたら。とっても嬉しいです。 

 

最後に。最近もカメラを買ったとか、写真デビューしたなんて報告、あるいはどうしよっかなーなんてお悩みをちらほら見かけたりしますが...

ぜひとも!一人でも多くの方に、とっても楽しい写真の世界に足を踏み入れてほしいなーと思ってます。それがどれだけ楽しいのか、いかに素晴らしいかを、一生懸命この文章で伝えてみたつもりです。

ちなみに、必ずしも機材を揃えるところから始める必要はないと思っていて、それは機材がないという理由だけで「1枚目」を撮り始めないのはもったいないから。

未だに僕の心に残っているこのお気に入り写真は、一眼を買う前にコンパクトカメラで撮ったもの。ひとまず撮ってみたからこそ写真の楽しさに気づけたし、なぜ新しいカメラを買う必要があるかじっくり考えることが出来ました。スマホでだって、アリーナ全体の雰囲気を伝えたり、迫りくるロウルを撮ったり、動画で綺麗なオフェンスの全景を映してみたり。色んな、その席からしか見えない景色があります。

そうしてやっぱりもっと選手に寄りたい!動くところを綺麗にとらえたい!と思ったら、カメラ屋さんに行きましょう。きっと熱心な店員さんが、これでもかとアドバイスをくださるはずです!

 

1年前の自分がSakさんの記事を読んで写真を撮り始めたように。

この記事が誰かの写真の1枚目のきっかけになってくれたら。その人にしか撮れない写真が生まれてくれたら。とっても嬉しいです。

 

さて、長い文章になりましたが、お付き合いありがとうございました!

明日はY__Masashiさんのブレサン川崎での活動裏話(仮称)

です。お楽しみに!!!